ホーム 商工会議所について 事業活動 入会案内 会報「商工奥州」 各種リンク集 お問合わせ
  
投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-27 (7 ヒット)

 第2回受付締切分における「新型コロナウイルス感染症加点」の継続実施等を踏まえた公募要領の改訂を行い、「第2版」として掲載・更新しました。
今後は今回更新した「公募要領・第2版」をご使用ください。

◎第2回受付締切分の申請受付(6月5日(金)締切)
〈特設サイトへのリンク〉
 

〈参考:募集期間〉
公募開始:2020年 3月10日(火)
<公募要領公表> 申請受付開始 : 2020年 3月13日(金)

 第1回受付締切:2020年 3月31日(火)[郵送:締切日当日消印有効]
 第2回受付締切:2020年 6月 5日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
 第3回受付締切:2020年10月 2日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
 第4回受付締切:2021年 2月 5日(金)[郵送:締切日当日消印有効]

 ※第5回受付締切以降(2021年度以降)については、今後、改めてご案内します。


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-26 (89 ヒット)

【新型コロナウイルス感染症に関する情報サイト】を更新しました。

「情報サイト」へのリンク




投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-16 (691 ヒット)

会報「商工奥州」の電子版最新号を配信しております。



投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-13 (31 ヒット)

〈お知らせ〉

令和2年4月13日(月)〜14日(火)に開催予定だった

当所主催の「新入社員セミナー」は、

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となりました。


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-12 (17 ヒット)

令和2年3月6日付国税庁告示第1号により、申告・納付等の延長期限の期日が令和2年4月16日に定められたことに伴い、延長後の振替納付日は次のとおりとなります。

 申告所得税及び復興特別所得税   :令和2年5月15日(金)
 個人事業者の消費税及び地方消費税 :令和2年5月19日(火)

国税庁HP


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-12 (34 ヒット)

新型コロナウイルス対策「マル経、無利子・無担保融資」を掲載した
「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者」対応施策が更新されました
○下記より施策内容がダウンロード出来ます(27ページ 861KB)
              ↓


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-11 (27 ヒット)

 生産性革命推進事業では「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」の3つの補助金をご用意しています。従来の補助金からの変更点として、通年での公募となるため、十分な準備をした上で、都合の良いタイミングで、申請・事業実施が可能です。(締切日は複数回設けられます。)
 今般の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、生産性革命推進事業では、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資・販路開拓や、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入などに取り組む事業者に対し、加点措置等を講じます。

パンフレット(3種)

中小企業生産性革命推進事業HP


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-03-11 (48 ヒット)

 標記持続化補助金事業は、従来と同様、当所と全国連が、それぞれ、各地商工会議所・商工会のご協力を得て共同で実施すること
が正式に決定いたしました。
 実施団体の公募手続きがあった関係から、その間、制度設計の議論が事実上止まっておりましたが、当初、3月下旬頃か4月上旬
頃の公募開始が見込まれていたところ、昨今の「新型コロナウイルス感染症」の影響が深刻化するのにともない、政府において、も
のづくり補助金等とともに、持続化補助金についても、急遽、公募開始時期を大幅に前倒しするとともに、「新型コロナウイルス感
染症により経営上の影響を強く受けた事業者」に対する政策加点(=新型コロナウイルス感染症加点)の実施が決定されたところで
す。


〈スケジュール〉
 3月13日(金)補助金事務局受付開始(=コールセンター稼働開始等)
   31日(火)第1回受付締切【締切日当日消印有効】 ※以後、通年受付・複数回締切
                  ⇒採択審査を経て、6月上旬頃に採択発表
  6月5日(金)第2回受付締切【締切日当日消印有効】 ⇒採択審査を経て、8月上旬頃に採択発表
 10月2日(金)第3回受付締切【締切日当日消印有効】 ⇒採択審査を経て、12月上旬頃に採択発表
 2021年2月5日(金) 第4回受付締切【締切日当日消印有効】 ⇒採択審査を経て、4月上旬頃に採択発表

  ※以後も4か月ごとに受付締切を設定し、最終の受付締切は「2023年2月初旬」(第10回受付締切)の予定

〈電子申請手続きについて〉
 「一般型」の持続化補助金においては、従来どおりの郵送方式でも、今回導入される電子申請手続きの利用でも可となりますが
、少なくとも公募開始当初は、電子申請手続きの準備が間に合わないため、従来どおりの郵送方式のみで開始します。なお、実際に

 ※電子申請手続きが可能となるのは本年4月以降となります

  令和元年度小規模事業者持続化補助金メニューへのリンク


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2020-02-26 (27 ヒット)

平成29年から65歳以上の労働者も雇用保険の適用対象となっていますが、経過措置として、平成29年1月1日から令和2年3月31日まで

の間は、一定の高年齢労働者に関する雇用保険料は免除されていました。

令和2年4月1日からは、この措置が終了するため、それまで雇用保険料が免除されていた高年齢労働者についても、他の雇用保険の

被保険者である労働者と同様に「雇用保険料の納付」が必要となります。

令和2年度からは、これまで雇用保険料が免除されて高年齢労働者について、“企業が負担する雇用保険料が発生する”ことを確認し

ておきましょう。


〈チラシ〉高年齢労働者に係る雇用保険料の免除措置が終了します


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2019-12-13 (85 ヒット)



 最低賃金には、岩手県内全ての事業場に適用される「岩手県最低賃金」と特定の産業に適用される「岩手県特定(産業別)最低賃金」があります。
 全ての事業主は、その雇用する労働者(パート労働者・アルバイト等を含む)に、最低賃金以上の賃金を支払わなければなりません。

※岩手県の最低賃金は、令和元年10月4日から「時間額790円」に改正されています。
  ・詳細は、岩手労働局ホームページ又は岩手労働局労働基準部賃金室へお問い合わせください。

(TEL:019−604−3008)


産業別 時間額(現行) 発効日
鉄鋼業、金属線製品、その他金属製品製造業 850円(829円) 令和元年12月28日
光学機械器具・レンズ、時計・同部分品製造業 827円(809円) 令和元年12月28日
電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業 818円(796円) 令和元年12月28日
自動車小売業 861円(838円) 令和元年12月28日
百貨店、総合スーパー 800円(据え置き) 平成30年12月32日

(注)「各種小売業」の最低賃金は、平成28年12月11日に767円に改正されて以来据え置きとなっています。
 現在の岩手県最低賃金を下回っていますので、岩手県最低賃金790円が適用されます。


投稿者 : oshucci 投稿日時: 2019-07-12 (17772 ヒット)

奥州市の様々なイベント・行事を網羅した「イベントカレンター」の2019年度版の最新版を公開しました。
(2019.7.12更新)

※イベントカレンダーへのリンク